🌱セルフコーチング情報交換所🌱テーマまとめ

🌱セルフコーチング情報交換所🌱テーマまとめ

フォートトークのオープングループ(🌱セルフコーチング情報交換所🌱)で上がった議題(テーマ)に対する私の回答をまとめたものです。当グループでは、上がった議題に対して認定コーチを含む様々な方が独自の視点で回答してくれております。私の回答は基本的に、他のメンバーの回答とはなるべく別のアプローチになるよう角度を変えて回答しています。また、グループ内では答えていないテーマに対してもこちらでは全て回答しております。他のメンバーの回答の方が腑に落ちるものもあるかもしれませんので、是非当グループに参加して他のメンバーの回答と一緒にご覧いただければと思います。興味のある方はまずこちらをご確認ください。(当グループは無料で参加できます。)

議題(テーマ)一覧
  1. セルフコーチングにとって最も重要なことは何か?
  2. 幼少期(〜10代)に抱いた夢や憧れ
  3. セルフトークの自覚の仕方
  4. 自分が本当にやりたいことの見極め方
  5. want toだったことに迷いが生じる原因は何か?
  6. コンフォートゾーンをゴールに移す方法
  7. ゴールを諦めそうになった時に、ゴール達成の臨場感を高める方法
  8. 現状に不満にがあるのに、現状の外側のゴールがよくわからない場合
  9. 「未来から過去に時間が流れる」ということが腑に落ちない
  10. 自己肯定感が低いと悩んでいる人に対するコーチング的アプローチ
  11. 結局ゴールは元を辿れば過去の評価軸・価値観に基づいてしまうのか?

1.セルフコーチングにとって最も重要なことは何か?
最も重要なこと:have toをやらないこと。
理由:「have toをやらない」はセルフコーチングの基本であるが、have toをやりながらゴールを達成しようと考える人が多く、最も疎かにされがちな基本のため。

2.幼少期(〜10代)に抱いた夢や憧れ
・プロゲーマー(決められたルールの中で攻略するのが好き&身体的ハンデなどのない限りなくフェアな条件を好む傾向にあった)
・家具デザイナー(物作りが好き&組み合わせによる機能の創造や視覚的なデザインに興味があった)

3.セルフトークの自覚の仕方
まず、セルフトークは内部表現(クオリア及び思考空間そのもの)と考える。すると認識している情報全てがセルフトークになるため、自覚という観念そのものが不要となります。

4.自分が本当にやりたいことの見極め方
そもそも「自分」という観念が「空」であり、宇宙と一体であることを自覚する必要がある。「自分」は縁起によって関係性が定義された情報の集合体(ゲシュタルト)に過ぎないため、そのゲシュタルトの境界線も空に過ぎず、実際は自と他(宇宙)との境界は存在しません。つまり「自分」とは、この宇宙にある一部の情報を「仮の境界線」で囲って、その内側を「自分」と呼んでいるに過ぎないということです。

「やりたいこと」とは「自分」という集合に含まれている部分集合のことです。要するに、「自分」を構成する要素の一つとして「やりたいこと」という情報の集まり(集合)があるということです。その「やりたいこと」はゴールの設定によって自動的に定まります。ただし、そのゴールが心から望むものかつ高いセルフエスティームの伴った自ら「誇らしい」と思えるゴールでないなら「やりたいこと」は「やらなければいけないこと」に変換されます。また、そのゴールにおける「やりたいこと」は、別のゴールにおける「やりたくないこと」かもしれません。その場合、別のゴールが原因で純粋に「やりたいこと」と思えなくなることがあります。

「やりたいこと」を定める時に、「過去の自分はこれが好きだったから」と過去の情報に囚われる必要はないし、「世間一般に良いとされること」に合わせる必要もありません。ゴール(やりたいこと)は自分で設定するものです。どんな情報であれ、「自分」を構成する無数の情報の中から「やりたいこと」として情報を選び出すのはゴールを設定する自分です。仮に他人の思惑が入った情報であっても、それを自己責任で受け入れた上で、自ら「やりたいこと」として選んだのであればなんら問題はありません。つまり他人の思惑の入り込んだ情報であっても「やりたいこと」の選択肢の一つになり得るということです。

また、その時々によって自由に情報の入れ替え(重要度の変化)が起こるため、「やりたいこと」は状況によってコロコロ変わります。人間は一日のうちに何度もやりたいことが変わるため、食事を取りたい時もあれば、睡眠を取りたい時もある。そのように「やりたいこと」が変化するのは、今現在、臨場感の高いゴールが自動的に「やりたいこと」を定めてしまうからです。

故に継続の必要なゴールを達成するなら、頻繁にそのゴールの臨場感を高める必要があります。ゴールの臨場感が薄れ、別のゴールに臨場感が移っている状態だと、そのゴールの達成に必要なことが「やりたいこと」ではなくなってしまうからです。そうなると、「have to」でゴールを達成しなければいけないため、低いパフォーマンスで苦痛を伴いながらゴールに向かうことになります。特定の行動が「やりたいこと」であり続けるには、「ゴールの臨場感を維持」または「より先のゴールに更新」していく必要があるのです。ただし、もし過去に設定したゴールに既に執着がないのなら、いっそのことそのゴールを諦めてしまうのも一つの手ではあります。

以上を踏まえると、「自分が本当にやりたいこと」の判断がつくはずです。ゴールの達成に必要なことが「やりたいこと」と思えないのなら、その理由は次のどれかでしょう。

・心から望むかつ、高いセルフエスティームの伴ったゴールが設定されていないから
・別のゴールにとっての「やりたくないこと」だから
・ゴールの臨場感が下がっているから
・ゴールが新たに更新されたから

まず「心から望むかつ心から誇らしいと思えるゴールを設定」し、「別のゴールとのバランス」をとり、「ゴールの臨場感を維持」し、「既により良いゴールに更新されてしまっていたなら執着しない」、どうしても達成したいゴールなら「改めてゴールの臨場感を高める」ということができれば自然と「やりたいこと」をやり続けられるでしょう。

5.want toだったことに迷いが生じる原因は何か?
「テーマ4」より、
・自我の変化により心から望むかつ高いセルフエスティームの伴ったゴールでなくなった可能性
・want toが新たに設定された別のゴールにとっての「やりたくないこと」である可能性
・ゴールの臨場感が下がった可能性(主にエフィカシーの低下、ゴール自体の重要度の低下)
・ゴールが新たに更新された可能性(新たに更新されたゴールでは不要もしくは効率性の低い行為と認知されるようになった可能性)

6.コンフォートゾーンをゴールに移す方法
「コンフォートゾーンとゴール」は「脳と心」と同じように情報抽象度の違いによって呼び方を変えたものに過ぎないため、そもそも同じものです。故に「ゴールを設定する」とは「ゴールから逆算した現在の自分のあるべき姿をコンフォートゾーンとして設定すること」と同義になります。

現状の外側のゴールがしっかり設定されていないと、コンフォートゾーンは「その現状の外側のゴールから逆算した現在の自分のあるべき姿」に移ることができず、「今現在設定されている矛盾の存在しないゴールから逆算した現在の自分のあるべき姿」がコンフォートゾーンとして選択されます。例えば、複数の現状の外側のゴールによって何らかの矛盾が作り出されていると、矛盾の存在していない「現状維持」がゴール(コンフォートゾーン)として設定されてしまいます。その場合、矛盾の原因となっているいくつかの現状の外側のゴールを諦めるか(見直すか)、より抽象度の高いゴールを設定して、矛盾を作り出している全てのゴールを包摂した抽象度の高いゴールを作り出す必要があります。

7.ゴールを諦めそうになった時に、ゴール達成の臨場感を高める方法
現状の外側のゴールであればおそらくそのゴールは利他的なゴールかと思われます。 もしそうだとしたら、自分一人でゴールを達成しようなどとは思う必要はありません。利他的なゴールであればあるほど、共にそのゴールに向かっている仲間が必ずどこかにいます。「自分ならできる」と自身のエフィカシーを高めつつ、共にゴールに向かうであろう周りの人をもっと信頼してみることです。

周りの人をどれだけ信頼しているかどうかも、内部表現の一部であり、それが書き換わるだけでぐんとゴール達成確信度が高まります。一人ではないということを忘れず、自分にできることを黙々とやり続けているうちに、着実にゴールに近づいている実感が出てくるはずです。

8.現状に不満があるのに、現状の外側のゴールがよくわからない場合
おそらく、現状の外側のゴールがわからないのではなく、現在設定されているゴールに変わるより良いゴールを現状の外側のゴールとして認識できていないのかと思います。現在に不満があるなら、現在設定されているゴール(このまま現状維持を続けたら訪れるであろう未来)よりも理想的な未来が心のどかにはあるはずです。そのより理想的な未来を新しいゴールとして選択したければ、現在のゴールに対する執着心と現状維持から抜け出す恐怖心を克服し、新しいゴール(理想的な未来)に対するエフィカシーを高めれば良いだけです。

9.「未来から過去に時間が流れる」ということが腑に落ちない
実は仏教と同じようにセルフコーチングでもしばしば「方便」が使われています。「未来から過去に時間が流れる」というのも一つの方便です。

時間の流れについてはこちら(億り人コーチの宇宙:No.1 「時間」とは何か)の記事にて詳しく記述してあるため、ここでの回答は控えさせていただきます。この記事を読めば、「未来から過去に時間が流れる」という理論がセルフコーチングで用いられている理由がわかるかと思います。

セルフコーチングと方便に関する詳細についてもこちら(億り人コーチの宇宙:No.11 セルフコーチングの嘘)に記事にしておりますので興味のある方はご覧下さい。

10.自己肯定感が低いと悩んでいる人に対するコーチング的アプローチ
自己肯定感を高めようと思ったら、まず自己の認識を変えてみると良いかと思います。「自己」と聞くと自分という「個」のことを考えがちですが、自己とは「心の中全体」のこと、つまり内部表現を意味します。 内部表現は自分が意識と無意識で認識している世界そのものですから、自己と世界は一体であると言えます。 その上で自己肯定感とは何かと考えると、自己肯定感とは「自分がどれだけ世界を肯定しているかの度合い」であるということがわかります。

では、自己肯定感を高めるにはどうすれば良いかというと、自分が認識している世界を肯定していくことで高められます。簡単に言えば、当たり前に存在している些細なことなどへの感謝の度合いを高め、より有り難みを実感できるよう努めれば良いという事です。

感謝の度合いが高まると、「自分は恵まれているな」という実感が出てくるかと思います。この世界における自分の価値を認めよう(周りに自分の価値を認めてもらおう)と思う前に、まず自分の周りから価値を高めて(有り難みを実感して)あらためてその価値を認めてみましょう。 些細なことにも価値を感じられるようになればなるほど、自分に対する価値も感じられるようになってくるかと思います。

ただ、どれだけ世界を肯定しても、この世界になんらかの不満は残るかと思います。一通り世界を肯定した上で、「もっと良い世界があるはずだ!」と思ったなら自然とゴールが設定される(心から望むゴールを設定できる)はずです。その「もっと良い世界」を実現するために行動すると、同時に「もっと良い世界における自分の役割(価値)」が決定されます。

この「もっと良い世界」が利己的なものであるほど、「社会における自分の価値」が低く認識されてしまうので、利己的なゴールに向かってもそれほど自己肯定感は上がりませんが、利他的なものであればあるほど「社会における自分の価値」が高く認識されるので、自然と自己肯定感が高まります。

ただし、利己的なゴールであっても、趣味の世界の様にそもそも他者評価が一切不要で自分自身で価値を確信できていればよいものであれば、それはそれでゴールに近づくにつれ自己肯定感が高まります。(例えば、ヨガが趣味でそれが社会になんの役に立っていなくても、体が柔らかくなって出来ることが増えるにつれ、「私すごい」という実感とともに自己肯定感が高まるかと思います。)

11.結局ゴールは元を辿れば過去の評価軸・価値観に基づいてしまうのか?
おっしゃる通り、現在認識に上がっている内部表現(今見えている臨場感の高い世界)は、これまでの人生によって築かれたブリーフシステムによって作られていて、同時にゴールも過去に基づいて作られています。

ただ、過去に基づいてゴールが作られること自体は別に悪いことではありません。

問題は今設定されているゴールが心から望むゴールでないことであって、これまでの人生で外から多分に不要なゴールが刷り込まれてしまっていることです。

この問題を解決するために、「過去は未来に一切関係がない(これまでの人生の中で構築された評価軸・価値観を無視して新しくゴールを構築して構わない)」とすることで、過去に不要に刷り込まれた評価軸・価値観(過去に設定した不要なゴール)に縛られず新たにゴールの構築が可能となります。

過去に不要に刷り込まれた評価軸・価値観を取り除くと、心から重要だと思える評価軸・価値観だけが残ります。この心から重要だと思える評価軸・価値観も多少なり外から刷り込まれたものであり、これによってゴールも構築されますが、それが心から望むゴールであるのなら何ら問題はないでしょう。

ゴール設定において問題なのは、過去に基づいていることではなく、過去の自分もしくは他人によって心から望んでもいない未来がゴールとして設定されてしまっていることであり、それをどう書き換えるかが重要です。