人は他人の気持ちに共感し、他人を失望させたりしないように行動する力があります。

しかしながら、他者に対する共感能力が優れているが故に、自己を犠牲にしてしまう人も少なくありません。他者を悲しませないために、不本意な選択をしてしまう人もいるでしょう。また、他者の期待を裏切らないよう生きているうちに、いつの間にか「自分の人生」が「他者のための人生」へと変わってしまっている人もいるかもしれません。

気持ちの優しい人、他者に認められたいという気持ちがある人、自分を責めがちな人、そういう人ほど「他者のための人生」を生きている可能性が高いです。

もっと自分の感覚を信じ、強い意志と大志を持って人生を能動的に選択できるようにならなければ、一生他者の「期待の檻」の中に閉じ込められ続けることになります。目の前に広大な大地が広がっているにもかかわらず檻の中で一生を過ごすような人生を良しとすべきではありません。

「期待の檻」とはなんなのか?この実態がわかればこの檻から抜け出し、無限の可能性を開く術もわかります。無限の可能性を手に入れたとき、ようやく初めて自分の人生を生きることになります。自分の人生を手に入れられたのなら、「お金のゴール」のようなちっぽけなゴールは簡単に達成できることでしょう。

「期待の檻」は以下の条件が揃うことで出来上がります。

続きを見るには、パスワードを入力してください。

限定記事「お金のゴールを達成する方法」は、パーソナルコーチングもしくはスキャルピングトレードコンサル×パーソナルコーチングを受けられた方限定に公開しています。パスワードを入力することで閲覧可能になります。